パソコンの熱暴走に気を付けて! 熱いなら冷やしましょう編

パソコンの熱が気になる季節に入りました。
気温が高くなると、「パソコンが熱い」というお問い合わせが増えます。
パソコンの熱自体は問題ありませんが、効率よく排熱することが大切です。
うまく排熱ができないと、パソコンの“電源が突然落ちる”不具合や、“パーツ故障”の原因になります。

熱暴走になりやすい例
吸気口、排気口を塞いでしまうと、うまく排熱できずに温度が上昇して、パソコンが“熱暴走”します。

Fanの排熱だけでは不十分なのか
気温が高い日はFanだけでは排熱が間に合わないため、熱暴走を起こしやすいので、対策が必要です。

パソコンの種類別に簡単にできる対策をご紹介します。
ノートパソコンの場合
PCスタンド

机との隙間を開けて効率よく吸気をさせます。
涼しい風を吸気させるため部屋も涼しくしましょう。

冷却Fan付きのスタンド

スタンドにFanが付いているので冷却効果が高く、排熱の補助として最適です。
価格は通販にて2000円前後で販売されています。

デスクトップの場合
冷却効果の高い水冷Fanへの交換を検討
すぐにできる対策として、“設置場所”と“クリーニング”が大切です。

設置場所
壁面にぴったりつけていると、背面から排熱された空気が戻ってしまいます。
背面スペースを10cm以上は確保してしっかり排熱させましょう。

クリーニング
ケース内に埃が溜まってしまうと排熱の妨げになるため、エアーダスターなどでクリーニングする。

一体型の場合
メモリの外蓋や、背面パネルを開けたままにすると、設計通りの排熱ができないため、お勧めしません。
部屋を涼しくして、扇風機で直接風を当ててあげることが望ましいです。


以上、簡単にできる熱暴走対策です。
ぜひ、お試し下さい。

「電源が落ちる」、「フリーズする」場合は熱暴走の可能性があります。
お悩みの方は、お気軽にご相談ください❗❗

0