Windows7のサポート終了に伴いWindows10の導入パターン

移行のタイミングは早めに

Windows7のサポート終了まであと約1ヶ月となりました。
サポート終了間近になると、パソコンの入替え、買替えが集中する事によって、パソコンが品薄になる事が想定されます。
サポート終了までにWindows10が導入できない可能性がある為、早めの移行をしましょう。


Windows10へ移行する理由

Windows7は2020年1月14日にMicrosoftによるサポートが終了してしまいます。
それによりMicrosoftが定期的に配信しているセキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、セキュリティが弱くなります。
最低限のセキュリティを考えれば、Microsoftのサポートを受けられる様にWindows10への移行をしなければなりません。


Windows10の移行についてサポートしています。

↓こういった事に困っていませんか?
・会社に詳しい人が居ない
・どこに相談したらいいか分からない
・どんなパソコンを買えばいいか分からない
・パソコンが複数台あって大変
このようなお悩みも、パソコンの状態や使用環境などによって、ご提案とサポートをしております。


Windows10へ移行する2つの方法

1.Windows10のパソコンへ買替え
2.現在使用しているWindows7をWindows10にアップグレード

パソコンを買替える場合

メリット
・各所パーツ故障のリスクを軽減
・自然故障の場合、メーカー保証がある
・パソコンの性能や運用方法を再検討

デメリット
・パソコンの購入費用が必要
・初期設定、データ移行、ソフトインストール、周辺機器など設定作業が多い


現在使用しているWindows7をWindows10へアップグレード

メリット
・パソコンを入れ替えなくて済むため、費用が抑えられる
・すぐに作業が始められるため、導入までの時間が早い

デメリット
・パソコンが経年劣化によって故障するリスク
・故障した際に、修理に時間と費用がかかる。
(故障内容によっては修理が難しい場合もあります)


Windows10の導入パターンと確認事項

パターン①:全てを新しいPC(Win10)に入れ替え

【確認する点】
・周辺機器との互換性
・運用していたソフトの対応OS
・Officeソフトの載せ替え or 新規購入
・データ移行
・メール設定
・コスパ重視のPCの場合、データのBack upシステムがあるなら安心
・長持ち重視のPCの場合、Back upシステムはもちろん、中途半端なモデルは避けましょう


パターン②:全てのWin7⇒Win10にアップグレード

【確認する点】
・周辺機器の互換性
・運用していたソフトの対応OS
・HDDに異常がないか検査
・データのBack up


パターン③:一部をWin10に入れ替え

【確認する点】
・パターン①と同じ
・業務、ユーザーごとにPCを割り当て、Win10が何台必要か
・Win7はネットに繋がない運用


パターン④:一部をWin10へアップグレード

【確認する点】
・パターン②と同じ
・業務、ユーザーごとにPCを割り当て、Win10が何台必要か
・Win7はネットに繋がない運用


パターン⑤:Win7はそのままでWin10を追加

【確認する点】
・パターン①と同じ
・Officeソフトの新規購入(ライセンスの余りがあれば使う)
・業務、ユーザーごとにPCを割り当て、Win10が何台必要か
・Win7はネットに繋がない運用


♦今回は、Windows10の導入についてご紹介致しました。
今までの使いやすい環境に近づけることはもちろん、この入れ替えのタイミングでデータのBackupシステムを見直す事も重要です。

当店では使用環境に合わせてご提案とサポートをしております。お困りの事がございましたら是非お気軽にご相談下さい❗

0