不良セクタのあるHDDクローン【2019年版】

 

2年前に当ブログでアップした記事
【故障】不良セクタがある状態のHDDクローン
のアクセス数がハンパ無く・・・

そのブログの情報も古くなったので、2019年版として再投稿ですっ

——————————–

HDDをクローンしたいが不良セクタがある・・・

そんな場合でもHDDスタンドでクローン出来るんです

 

① HDDの状態をチェックしよう

もう不良セクタがあるとわかっている方は検査済みかと思いますが、日本語で分かりやすいHDD検査ソフトのCrystalDiskinfoで検査。

 

黄色で注意と出たら不良内容確認。

代替処理済みや代替処理保留中などの不良セクタがある

でも、まだ慌てずに。クローン出来る可能性が残されています。

 

②HDDスタンドを用意しよう

クローンソフトは色々ありますが、よく使われている物はクローンのできるHDDスタンドです。

HDDスタンドにも結構種類があり、チェックするポイントはエラースキップ機能があるかどうか。

さらに、注意点としてクローンをしたいHDDよりも容量の大きいHDDでないとクローン出来ません。

同じ容量でもできますが、クローンしたいHDDの容量以上のHDDが必要になります。

 

③クローンしてみよう

上記の事と、2つのHDDの差す場所に気を付けスタンドにセットしクローン開始

不良セクタのあるHDDのクローンはランプ表示が赤く点滅したり進行具合が遅いですが、耐えてください。

あとは祈りながら待つだけ

そして、100%のランプが点灯すれば

おめでとうございますクローン完成です

 

不良セクタがありHDDを交換したい方は是非お試しください

 

 

 

1+