LS150/Cの「Windows10をインストールできませんでした」の原因

NEC LS150/CでWindows7からWindows10にアップグレードする際に、「0x800700B7-0x2000A」のエラーが発生しました。

このエラーが発生した場合は、Windows10にアップグレードできずにWindows7に戻ってしまいます。
原因は、パソコンにインストールされているソフトや、デバイスドライバが影響している事が多いです。
調査した結果、今回のLS150/Cではデバイスドライバの記憶域コントローラーが、Windows10へのアップグレードの妨げになっていました。

今回の「0x800700B7-0x2000A」エラーの対処方法

①デバイスマネージャーを開きます。
デバイスマネージャーの開き方は、スタートメニュー(Windwosマーク)を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
②記憶域コントローラーのドライバを表示させ、エラー原因となっているドライバを削除します。

・O2Micro Integrated MMC/SD controller
・O2Micro Integrated MS/MSPRO/xD Controller

Windows10へのアップグレードの妨げになっている、上記の2つのドライバを削除する事でWindows10へアップグレードを行うことが出来ます。

パソコンでお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

0